腎臓病にサヨナラを告げる完全無欠の食事メニュー|栄養の知恵袋

介護

腎臓が悪い時の食事

家族

敵はタンパク質と塩分です

腎臓病は、腎臓の働きが悪くなる病気で、いわゆる腎不全ともいわれています。この病気は、重くなりますと人工透析の世話になりますので、早期の治療と食事の改善で病状が進まないようにします。腎臓病は、薬物治療も大切ですが、食事の改善にも取り組まなければなりません。食事に関しての要点は、タンパク質と塩分の摂取を抑えることです。また、医師の指導によっては、カリウムや水の摂取制限をすることもあります。しかし、単にタンパク質や塩分の摂取を少なくしますと、体内に取り入れる総カロリーが足りなくなりますので、糖質や脂質を多めに摂取することで、生活するために必要なエネルギーを確保します。また、塩分を抑えた食事は、味が薄いので食べにくいのですが、なるべく薄味に慣れる努力も大切です。

どんな料理が良いのか

タンパク質を減らすには、カロリーに比べてタンパク質の量が少ない食材を使います。例えば、肉であれば赤身でない部位をつかったり、魚でしたら白身より青身のものを使います。一方で、砂糖や油は腎臓病食のエネルギー源として積極的に使えます。炒めたり揚げたりした料理を増やして、味付けには塩分をひかえて砂糖を多めにします。また、炭水化物も多めに摂ることでエネルギーを確保できます。おやつの時間には、ジュース類やシャーベット、タンパク質の含まれていないお菓子等が向いています。そして、晩酌も飲み過ぎなければ問題ないところが腎臓病食の救われるところでしょう。それから、腎臓病の治療用につくられた低タンパク、減塩の特殊な食品もありますので、積極的に利用しましょう。

一人暮らしでも安心

医者

腎臓病になってしまうと食事制限が必要になります。薬だけでは治らないのです。腎臓病食はカロリー、たんぱく質、カリウムなどの制限があります。面倒な人は宅配弁当を利用すればメニューが豊富でおいしく続けられます。

詳しくはこちら

腎臓の病気ならば

看護師

腎臓病のための食事を自身で調理することに悩んでいるのならば、一度は腎臓病食をお弁当として購入してみましょう。腎臓病食として販売されているお弁当はプロが責任をもって調理したものなので、日々の調理にも役に立つこと間違いなしです。

詳しくはこちら

資源を上手に活用します

Woman

糖尿病の食事は宅配サービスを利用すると、自分でメニューを考えたり、材料の調達や料理の負担が省け、かつおいしく食べることができることから多くの人に利用されています。また、甘いものを食べたい場合は人工甘味料を利用すると甘いものの我慢の必要がなくなります。

詳しくはこちら